2013年03月05日

3.11の三回忌にむけて。

IMG_0001.jpg
しばらく雑用でバタバタし、またブログに向かう気力が萎えていました。

絵本の売り込みがままならず、再度挑戦です。私の以前の絵の迫力がないことにも気がつきました。上手に描こうとし、本来わすれてはいけない事がおろそかになっていました。「本当の宝物を」偶然見て下さったノンフィクション作家の方が、絵に描きだされた子供たちの表情に感動して下さり、今の絵より個性が出ているとのことでした。「あなたは、これよ」その一言でなんだか元気が出ました。墨絵のタッチで頑張ります。

3月9日から11日まで三陸、気仙沼にボランティアで行ってきます
コツコツと支援して、数週間に一度炊き出しを続けている菩提寺の和尚さんのお手伝いです。
気仙沼地福寺で行われる、3回忌の法要に韓国の民族舞踊家金先生を紹介できました。
金先生は、伊藤博文を暗殺した安重根と交流があった日本人の看守、斉藤氏の菩提寺の法要で、供養の舞を踊られた方です。BSNHKで金先生の講演を偶然観た私の友人が、58年前の小学校のクラスメイトと分かり連絡をしました。金先生の、「震災に合われた方の供養の舞を踊りたいが・・・」という希望を私の菩提寺の和尚様につなげ、実現しました。今、日韓関係が揺れるなか、民間の人々のこうした思いを広げようと、地福寺のご住職は、能の舞と、金先生の舞を法要の読経の前に設定しました。
私は、朝から炊き出しのお手伝いです。私の友人の方とは、4年前に私が宮古に講演に行く途中の車内での出会いです。ご実家のお母さんの介護に行かれる途中での出会いは「心のメロディ」が繋いでくれたような出会いでした。彼女は私よりお姉さんですが、気力も行動力も立派で、金先生の供養の舞を震災被災地に届けたいと、講演会を作りました。そんな素晴らしい方との出会いと経験に感謝し行ってきます。


IMG_0002_NEW.jpg
韓国伝統舞踊家金先生
posted by ちひろ at 16:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。