2012年10月31日

あきらめられない想い。

栃木県の烏山市に帰農志塾が有ります。塾長の戸松さんは、これから有機農業で生活してゆく人たちを養成するためにこの塾を開き、もう何十年となりました。今はお嬢さんが引きついでいます。私が、仕事に疲れ燃え尽き症候になった時、大変お世話になりました。塾長のスパルタで厳しい指導のなかから、育苗から農業経営まで自分で美味しく安全な農作物を作り、売り、生活できるようになります。しかし日本の農業を考えて、塾を開いた塾長の温かい人柄に、普段の顔が有ります。私も辛い時「遊びに来なさい。」と声をかけていただき、みなさんと交流する中で元気になれました。今、原発が爆発し放射能の影響が危惧されている有機農業が、心配です。近くには卒塾した有機農業家も多く、一番の心配は、帰農志塾がその範囲に入っている事です。
「負けない。大空へ。」そんな今にへこたれていない、みんなの応援絵本。もうすぐ表紙に取り掛かれそうです。

 
IMG.jpg
 この絵は、帰農志塾が塾を支えている会員さん向けに
毎月発行するお便りに載せていただきました。
15年くらい前の絵です。今見ると本当に下手です。
でも塾長や奥様の真知子さん、塾生の方々の思い出が
詰まっています。
posted by ちひろ at 13:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。