2011年12月31日

一陽来復!

昨年は,それこそ日本にとって体験した事がない災害が起き、現在も続いています。先の事を考えると気の遠くなるような道筋ですが,あきらめるわけにはいきません。私利私欲を追い、こんな状況を起こした人たちは現在も反省もせず、そのつけを我々市民に押しつけようとしています。けれど私達は負けません。コツコツと立ち上がり、そしてその方達を応援し続けている強く温かな人達がまだいる限り、日本人の人情はすたれていません。昨年秋、甥っ子が忙しい仕事の中やっと休暇が取れ、被災地に行く事が出来ました。大学時代下宿していた大屋さんや、そこで知り合った方達にお会いできたそうです。幸い皆さま無事でした。大屋さんは「良く会いに来てくれてうれしい。」ととても喜んでくださり、なんと自分達が食べるのに精いっぱいの中、災害で壊れた冷蔵庫から色々取り出し下さったとの事です。今の気持ちだからどうしてもと言われる気持ちに、甥っ子は逆に励まされて帰ってきました。


プリンターの修理が終わり、どうも様子が変です。いくら画像を取り込んで指定しても異なった画像が入ったり、画像が取り込めません。もう少し絵はお待ちください。
posted by ちひろ at 09:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月24日

ちょっとまった!!

東京電力が、電気料金値上げの発表をしました。本当に国民をバカにした話です。火力発電に頼ったため、コストがかかった事が理由です。しかし、経産省の資料から原子力発電の方が他の発電よりコストがかかる事が、はっきりしています。また今回のように原子力発電事故の補償等を再計算すると5倍のコストだそうです。それより放射能漏れの恐ろしさ、使用済み核燃料の廃棄が現代科学で見つからないのに、どんどん増やす無責任さにあきれます。北欧の凍土地下何千メートルかに、三十万年保管する施設が建設されています。しかし現人類が、2足歩行してからまだ二十万年なのに、そして考古学的見地からさえ発掘が進まず、事実がつかめないほどの年月以上の事をどうして責任持てるのでしょうか?「猿の惑星」という映画ではありますが、何も知らない未来で掘り起こした時は、それこそパンドラの箱でしょう。
posted by ちひろ at 14:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月17日

駅の中でもクリスマス!

J以前にR西立川駅員さんの、素敵な手作りコーナーを紹介しました。ハートたち(複数ハート)

今月は冬のお山のクリスマスです。
 
029.JPG
お山にサンタは、くるかしらるんるんるんるんexclamation×2 
 
025.JPG
 
ドングリお屋根のお家でも、サンタを待ってる子どもたち。


































先月までは、子供が遊べる手作りゲームがありました。昭和記念公園帰りのこどもが、夢中で遊んでいました。寅さんの監督さんが、この駅を知ったら画一的に改装されつつあるJRにもこんな素敵な駅員さんがいること知り、ホッとするかな?


006.JPG




004.JPG


030.JPG

posted by ちひろ at 16:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。