2011年08月31日

月はどっちに?

あと数日で9月。今年も残すところ、3カ月になりました。本当に大変な年になりました。昨日は新しい総理が決まり、マスコミはそのニュースばかりですが国民が望んだ人ではありません。しかし今、日本や私たちの事を考えて、くれる政治家がいるかと思うと・・・・!おもしろいおばあちゃんとお話ししました。原発事故に向き合う講演会での事です。「政党に左右されない市民が負けたらだめ。女性はがんばれるのよ。」と励まされました。そう言えば,今月は中秋の名月。両親がいつもお月見のお団子と秋の野菜を飾ってくれました。私はもちろん、妹達の家庭でもその習慣は受け継いでいます。

日本の風習、行事、故郷の思い出が、私達を優しくしてくれます。そんな良い日本が失われませんように。

IMG.jpg

あえてまたこの絵を載せました。
影でも本当の姿は判ります。私達はそんなに愚かではありませんもの。

posted by ちひろ at 14:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月24日

どこがおかしんだろう・・・!

8月10日から2週間、福島第一原発半径5キロから避難し、役場の指定した避難所を転々としている友人が息抜きに来ました。
小4のお子さんの2学期が始まるのでと、また避難先の旅館に「帰りたくない!!」と言いながら帰りました。場所は会津です。会津も山が遮ったからと安心していましたが、調べるとかなりの放射能が出ました。でも、今後の補償やご主人が福島の現場で頑張っていること、認知症が出始めた年取った義理の両親の事で町役場の指示に従っています。
ところが、町役場の人たちは近くにいなく、動きすら分からないそうです。「町長も議員も、東電から沢山のお金をもらっているんじゃない?」と不信から妙な噂が出るくらいみな疲れ果てているようです。また補償金をパチンコに使い切ってし待ったお年寄りも多いとのこと。
そういえば、こんな時に北海道の泊原発再開が報じられました。ここは一番危険なプルサーマル発電です。北海道のラジオ局で疑問をぶつけても、道民の反応なかったそうです。
ドイツやイタリアでは、日本の事故を教訓にして脱原発が決められたのに。世界唯一の被爆国で起きた事故はどこに向かうのか悲しいばかりです。
福島第一原発事故は終息していません。テレビではあまり報道しなくなりましたが、2号機、3号機の水蒸気核爆発の危険性は、より大きいそうです。そして4号機の使用済み燃料プールが崩落する可能性が出るくらい支える建物が傷んで補強最中とのことです。ここが崩落しても東日本はもう・・・・・!!
国会ではそんなことお構いなしで権力争いが続き、福島第一原発事故から離れた所の人々は無関心。
posted by ちひろ at 16:53| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月09日

とても感謝です。

 
DSC00104.JPG
「本当の宝物」主人公の花ちゃんは、本来こんな風神様の姿です。 
 
IMG.jpg
 

村の子ども達と遊ぶ花ちゃんの姿。
遠くから意地悪な3人組が見ています・・・・・!

私の絵葉書を、信州、茅野の山奥にある唐沢鉱泉の宿においていただいています。
先日、宿のおかあさんが喜んで「絵葉書を一人で30枚も買って下さったお客さんがいたよ。とても癒される・・・ってね」と教えて下さいました。
とても、ありがたいです。
この「本当の宝物」の絵を持ち込んだ大手絵本出版社の編集長から、「もう少し人のために絵を描くように 。」といわれ落ち込みました
私の絵が未熟なのは、頑張って努力します。私は独学なので、先生から指導を受けた絵は描けません。私を支え、成長させて下さった方々の優しさや温かさを絵で表現しています。私の絵を見てくださった方が、元気になって癒されるように願いを込めて。だから、唐沢から連絡をいただいた時、叉、絵筆を持つ元気が出ました。
明日から我が家に、福島双葉でふるさとを無くした後輩家族が逗留します。
前に書きましたが、ボランティアで現地を訪れているお寺の和尚さんにお願いして、この絵葉書を売り、ボランティア費用に役立てていただくことにしました。「もし売れ残った絵葉書は、被災者の方に差し上げて下さい。絵は、故郷と日本の心を描いていますから」と付け加え寄付しました。

posted by ちひろ at 23:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。